Recommended
2016/10/15
ブログ

えんげきECを受けた子ども達の成長

こんにちは。
えんげきハウス代表 石原 誠です。

 

❖「主体性」がしっかりと身に付く

 

えんげきECを半年間に渡りやり続け、

おさらい会も終えた子ども達の成長に変化が大きく感じられたのは、『主体性』です。

自ら「〇〇したい!!」「〇〇やろうよ!!」という前向きな発言や行動が増え、

充実した楽しさを得られる様になりました。

ルール説明も自分たちで行い、時にはルール変更や提案、ゲームの名前まで命名する程に・・・。
このように成長した子ども達ですが、

えんげきECを始めた当初は「嫌だ!」「やりたくない!」など

ネガティヴな雰囲気の方が強かったのです。

子ども達それぞれが自分の気持ちや考えより、周囲からの見た目を伺っていたのです。

 

このネガティヴな1回目から、前向きな12回目になった理由は・・・
■一つはえんげきECに慣れてきた事。

■二つ目に、信頼関係が出来た事。子どもと子ども。子どもとまこちん。子どもとみゆちん。

■三つ目に、毎回の振り返りによって、思考する事が苦痛ではなくなってきた事。

■四つ目に、合言葉の「お(思いやり)み(みんなで楽しく)や(やってみよう)げ(げんき)」に立ち返る様になっていった事。
これらの要素が目に見える形で、主体性を感じさせる様になってきたのです。

 
❖家庭での取り組みも大事なこと!
日常での親御さんのサポートも必要不可欠です。

親御さんにお願いしていたことは・・・

 

◆日頃からの対話を意識してください。

◆子どもの発言は否定せず尊重して下さい。

◆連想ゲームをして下さい。(その際、否定は絶対にしないで下さい。)など。
親御さんのサポートもあって、子ども自身が安心と安全を実感し、

堂々と自分の思考に正直に表現できる様になったのだと確信しています。

 

この後、子ども達はさらにえんげきECの活動を通して、

「他者と協力する事」「自己規律」といった成長を見せてくれる事でしょう。

 

(ライター:石原誠)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら
  •  Nissin Travel Service Co., Ltd.
  • にっけんバンビーノさん
  • せかいくさん
  • 世界中のママの生の声が集まる情報サイトです