Recommended
2016/11/23
ブログ

“EWAYURIの美味しいグローバル子育て日記”vol.5

IMG_4100

 

こんにちは、EwaYuriです♪

あっという間に11月も半ば。
アメリカでは10月31日のハロウィンを皮切りに、一気にホリデーシーズンに突入です。
我が家もたくさんのトリックオアトリーターを迎え、100個以上用意したキャンディは30分で空っぽ。

 

IMG_4101

 

ゴジラがうちにいたもんですから、子供たちに人気でいっぱい人が来ました(笑)

 

IMG_4102

 

さて、ハロウィンの翌日からは
お店で買い物するとレジの店員さんに「Happy Holidays!」なんて声をかけられて、年末を実感し始めます。
アメリカにはお正月のお年玉文化がない分、クリスマス□には力が入ります。
そのプレゼントの量たるや、結婚14年目になりますが、未だ慣れません。

 

ですが!最近ハロウィンとクリスマスの間にあるもう一つのホリデーの影が薄い気がします。忘れてはいけないThanksgiving Day(サンクスギビングデー)。日本語で言うと収穫祭、または感謝祭。大きなターキーを焼くあの日です。
アメリカでは毎年11月の第4木曜日その日です。
この日は日本でいうお正月みたいな物で、ターキーを始めその日に食べるお料理はおせち料理みたいな物です。

 

これは主人の職場の独身の若い人たちを集めて、20人くらいのパーティで焼いたターキー。大きくて準備も大変。

 

IMG_4103

サイドディッシュはマッシュポテト、インゲンのキャセロール、スタッフィング、キャンディヤム、そしてパンプキンチーズケーキ。

 

アメリカの伝統料理の数々。
ハロウィン文化も楽しいけど、主婦としてはこのアメリカ料理も意外と美味しいよって言うのを伝えたい。

 

昔は1人で仕込んでたターキーも、最近は娘と一緒に準備します。
毎年家族の恒例行事になり、次はいろいろ他のものも作れるようになってくれたら嬉しいなって思ってます。
私も母親の手伝いをしながらお料理覚えました。

 

私、アメリカで覚えたアメリカの味をいつか日本で広められたらいいなって思います。今は日本にもたくさんアメリカお店入って来てますけどね。おうちでも美味しいアメリカごはん作れるんです。

 

ちなみにサンクスギビングデーの翌日はブラックフライデー。アメリカで一番大きなSaleの日です。
ターキー食べたい人、お買い物が大好きな方はこの時期のアメリカ滞在、オススメです!(^^)

 

 

(ライター:EWAYURI)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら