Recommended
2017/08/30
ブログ

ハワイ親子留学イメトレツアー★ハワイ親子留学へ旅立つ前に…子連れで旅をする、ということ。

ALOHA!

ハワイ親子留学~Do Family! Ke Kokua~

るんまま事 櫻井庸子です。

イメトレツアー用写真Part1

夏真っ盛りのハワイ。

今ハワイではリゾートライフを楽しむ観光客に混ざって

親子で様々な異文化体験★充実ライフを過ごす親子が多く滞在していることと思います。

このブログを読んでくださる皆様も是非、

「ハワイ親子留学、行けたらいいな~」という想いを現実にしましょう。

と、その前に・・・・・

大切なことを一つ。

 

ハワイ親子留学は「子連れで旅をする」進化系

”異文化体験という目的を持って普通の旅よりも長く滞在する”という事です。

(目的はご家族それぞれの想いも含め、多種多様だと思いますが)

そこで、私るんままは

「子連れで旅をすること」に慣れておきたい。

それにはどんなポイントがあるかな・・・そこから考えてみました。

旅立ちす~さん

 ※母子旅は共同作業。ある程度の学齢になればお手伝いしてくれる頼れる相棒に成長していきます。

我が息子はハワイ留学前の0歳の時から近場のグアム(フライトは3時間ほど)等を含め、

既に何度かハワイ旅を経験していました。

が、それは三世代旅がほとんど。

祖父母がいれば、母である私も子どもを見る負担も少なく

逆に「癒しの旅時間をください♡」なんて言える立場でした・・・

三世代ハワイ(こうしてコンドミニアムのリラックスした環境で、安心して食事ができるのもマンパワーが十分足りていたから・・・)

しかしながら、母子で旅立つ親子留学は違います。

心配事があれこれ頭をかすめました。

~子連れで旅立つ前の心配事~

・フライト中のこと。

(機内でずっと騒いでいたらどうしよう)

・現地到着後の時差ボケ。

・ハワイで子どもが病気になったら?

(母子二人きりだし・・・)

・あれこれ持参して荷物が大量になるのではないか?

(ただでさえ、子連れで動くのが大変なのに・・・)

・食べ物が合わなかったらどうしよう、等々・・・

イメトレツアーではそんな心配事を解消し、

少しでも心配を減らして笑顔満載で旅立てるように・・・とツアー内容を考えました。

その一つとして、まずは現地のプリスクールに通うために、到着後すぐに必要な

健康診断やTBテスト(ツベルクリン反応接種)を安心して受診できる、

日本語が通じるクリニックをご案内♪

6月3日イリカイ上野さんにてTBTEST診断

6月3日イリカイ上野さんにてTBTEST診断2

※写真は実際にハワイのクリニックでTBテストを受けた時のイメージ画像です。

~なぜ到着直後なのかしら?という点について~

実際のハワイ親子留学(現地のプリスクールへ通うということが前提)の際は、この健康診断とTBテスト結果の書類がそろわないと登園を許可されないからです。

今回ご案内したクリニックはハワイ現地にお住まいの日本人の方々もご利用されているクリニックです。

ワイキキ中心部からのアクセスも良く、初めての方でも比較的わかりやすい場所にあります。

日本語が通じて、必要事項すべてに対応が可能、且つ滞在中の診察もお願いできるという点ではありがたいですね。

日本では良く見掛ける

「日本人親子の子連れ」NG!マナー

幼児はもちろん、子どもは必ず親が連れて歩くのがマナーです。

日本では手も繋がずに子どもだけで道路や店内を自由に走っている光景もありですが、

ここハワイアメリカ

子どもからは目を離さず一緒にいることが常識です。

そんなプチネタも自身の体験談を交えてお話ししながらご案内します。

す~さんとるんまま

ところ変わればそこは「異文化」。

そんなハワイ親子留学に必要なエッセンスを中心に旅は進みます。

Mahalo!  るんまま

 

(ライター:櫻井庸子)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら