Recommended
2017/09/30
ブログ

ハワイ親子留学イメトレツアー★生活するように滞在する~ハワイ親子留学を体感しよう。

ALOHA!

ハワイ親子留学~Do Family! Ke Kokua~

るんまま事 櫻井庸子です。

0703 (6)

 明るい太陽の下、そよぐ風に漂う花のかほり。南国に咲く花はかほりもおおらかで旅人を優しく包み込んでくれます。

              今回のハワイ親子留学イメトレツアーの一番大切なポイントは

親子でハワイライフをより”現実的に感じてもらう”ということです。

「生活する」とは、

改めて書き出してみるといろいろな要素があります。

 

♣ 衣食住に関すること

♣ 娯 楽

♣ スクールライフ

大まかに分けるとこんな感じでしょうか。

 

この中でもせっかく親子で異文化体験をするのだから、

「あ~、あの時は楽しかったし頑張ったな~」なんて思える、

ステキ時間を過ごしていただきたいと思っています。

 

だから、事前に知っておきたい現地での生活環境のこと。

日本にいる時と同じ生活時間帯がそのままそっくりハワイへ場所を変えて再現されている

と思えばご自身が知りたい情報は自ずと見えてきます。

先ず滞在先となるコンドミニアムはどんな環境が良いだろうか。

また、どんな間取りが生活しやすいかしら。

更に「あったら嬉しいアメニティ」は何だろうか。

 

 

お部屋イメージ (3)
お部屋イメージ (4)

 

その周辺で効率的に買い物ができたらよいな、とか、

万が一の時、体調不良などでお医者様に診て頂きたい時はどうしよう・・・等々。

もちろん、お子さまとの充実したリゾート体験も身近でできたら最高ですよね。

 

0712ヒルトンラグーン (6) - コピー

 プリスクールから帰宅して、夕暮れ前のちびちゃん・ビーチパトロール。

気軽に自然と遊べるステキな環境ですね。

 

食事に関して言えば、観光旅行で1週間滞在するのであれば食事は外食でも大丈夫でしょう。

しかし、生活するとなると朝は早いハワイ。

朝食はお部屋で頂いてお子様を送りに出かける、という日常になります。

 

フードランド (3)

今回は初日の夕方、アラモアナSCで新しくなったFoodlandへ。

 到着初日のよりリラックスした時間と滞在中のプチ朝食のためにも、

まずはお部屋で気楽・気軽に軽食が取れると良いですね。

 

プリスクールやサマープログラムに通うために必要なグッズなどは、

わざわざ日本で購入して持参するより現地調達のほうが楽だし、

またそれを選ぶのも楽しみの一つですね。

 

そんな観点からイメトレツアーでは「一つの目的のために動く」のではなくて

「あれこれついでに楽しみながら終わらせよう」ということで、

現役子育てママ(主婦)目線でルートを考えました。

到着初日は前回のブログでご紹介したクリニックへ行きます。

これは、実際のハワイ親子留学でハワイ入りする時の、理想的なタイムスケジュールです。

 

そして、クリニックのあるアラモアナへ出向くならば、

ついでに現地で直ぐに必要な物品などを購入しながら街並みを体感することができます。

※イメトレツアーは日程が短いので、同行エリア内であれば、

個人的なお買い物も♪多少融通は利きますよ^^

 

更にハワイで車を使わない親子に大切なのはバスの使い方!

必要に応じてオアフ島の公共の足であるThe Busを簡単にご紹介します。

 

The Bus

 

また、某クレジット会社のカードがあれば活用度大の「トロリーバス」を使って

ぐるっと観光エリアを一周し、初日から「滞在するイメージ」を膨らませていきましょう。

 

ワイキキトロリーから街見学

 

到着初日は少々お疲れモードですが、

トロリーから見るワイキキの賑やかな風景と

大きく広がる青空に果てしなく広がる海原を眺めながらハワイの風にあたっていると、

自然に緊張も解れてあたたかい気持ちになります。

そうして暫し、リゾート気分に浸ることも大切です。

 

先ずは「親子(三世代)でハワイを体感する」。

みんなでその空気感を共有して、初日はワクワク気分でスタートですね。

 

Mahalo! るんまま

 

(ライター:櫻井庸子)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら