Recommended
2017/10/31
ブログ

ハワイ親子留学イメトレツアー★一番大切な事は親の目で確かめてみよう

ALOHA!

ハワイ親子留学~Do Family! Ke Kokua~

るんまま事 櫻井庸子です。

今回のハワイ親子留学イメトレツアー、環境の確認の中の一番大切な要素は

「お子さまが通うプログラム/スクール」の見学です。

その間、

お子さまには「親元を離れて異文化環境の中で過ごす英語体験」をしていただきます。

 

Palms English School_1

先生ともすぐに打ち解けて興味津々のお子さま。お母様も体験時間について先生と直接お話が出来ました。

 

この時を過ごすにあたり大切なこと。

母子分離がしっかりできている

ということです。

日常から母子分離が出来ていても、

いざ異文化の中に飛び込んだ時に、お子さまは全身でギャップを感じることでしょう。

先ずは多少普段とは違う環境でも親と離れて居られることは大前提で、

更に簡単な英語の指示や身の回りの単語がわかっていると

よりリラックスすることが出来るでしょう。

 

お子さまの性格によって差はありますが、好奇心旺盛な幼児期です。

子どもは多少のことは笑顔でやり過ごすくらいのパワーを持っています。

何よりも異文化環境に「好奇心」が持てるように事前に導いてあげるためにも、

日ごろから日本でも身近なところにハワイ親子留学への窓口になる事柄があると良いですね♪

 

また今回、ご参加のお母様からは

「スクールも、先生もとても良かったです♡」

というご感想を頂きました。大変うれしいことです。

今回はアットホームな雰囲気の中で

丁寧な指導がなされる語学学校のプログラムを選択しました。

お子さまも初対面ながら「Hello! Aloha!」なんて、

はにかみながらご挨拶をしてから、

スクール内を興味深々で先生と共にお教室を探検していました。

 

その後、

私たちは実際にハワイ親子留学のお子さまが多く通われるプリスクールへ見学に行きました。

 

カマアイナキッズセントマークス_2

 

事前にイメトレツアーにご参加の方から伺っておいた

「知りたいこと」などを質問しながら、ディレクターから直接ご案内をしていただきました。

もちろん、

その場で知りたくなったことについてもどのプリスクールでも親切に対応していただけます。

日本からの親子留学組が増えている近年、

こうした受け入れにも慣れていらっしゃる

プリスクール

語学学校

サマープログラム

が増えています。

また日ごろからこうしたスクールに通われている日系のご家族のお子さまを中心に、

日本語や日本の文化を解する園児が多く在籍することも

「異文化」という垣根を低く感じさせてくれる要素の一つです。

 

オリベット (6)

のんびりした空気に南国の陽射しが育んだ大木がやさしく日陰を作ってくれるこちらのプリスクールも人気です。

オリベット (2)

お教室も隅々まで見せてくださいました。ちょうどナップタイムの準備が出来ているところでした。

 

各プリスクールへはThe Busに乗り、最寄りのバス停から歩きます。

ワイキキの喧騒とは違う、

ローカルな空気が漂う街並みにまた新しいハワイを発見したような気分になります。

登下校で使うだろうバス停周辺や歩いて通う街の雰囲気は事前に知っておくほうが安心です。

カパフル通り_1

 

 

 

先ずは自分の足で歩いて、見て、感じてみましょう。

お子さまとのプレシャスな時間のためにも。

20140602_コラム用

 

Mahalo! るんまま

 

 

(ライター:櫻井庸子)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら