Recommended
2016/09/14
コラム

子育て期間に“子育ての本質を考える”

マザーテレサの言葉を借りれば…

 

<私には、なぜ男性と女性は全く同じだと主張し、

男女の素晴らしい違いを否定しようとする人々がいるのか理解できません>

<彼らがもたらすのは、対立と不幸と世界平和の破壊でしかない…>

 

私たちは東日本大震災を経験し、

人間の力ではコントロールできない自然界の恐ろしい力を体感しました。

私たちは今、人間の非力さを感じざるを得ません。

自然界の中で生きている私たち人間が、

自然の摂理に反することは果たして私達に幸せをもたらすでしょうか。

私たち人間は、

よりよい社会を目指して物や情報を世の中に送り出してきたけれども、

その結果出来上がった社会は、どこか“人間らしさ”を失ってしまっているように感じています。

 

“人間らしい”幸せとは、

物が便利になって暮らしが楽になることを追求していくことだけではないと思います。

今は便利な世の中だけれど、

逆に現在にしか存在しない病や、

精神的な疾患が出現し苦しんでいる人がいる事も確かです。

長期的に人が人として幸せに暮らすことを目指すならば、

自然の摂理になるべく逆らわない生き方を選択することが望ましいと思います。

母親となった女性が男女の違いを賢く理解して本来の特性を生かし、

子育てをすることはきっと、私達人間の本来の幸せを導くことに繋がると考えています。

 

 

Fotolia_73321667_Subscription_Monthly_M

 

(ライター:kay)
  • salon de mom
  • コラム
  • salon de mom無料メールマガジン登録はこちら
  •  Nissin Travel Service Co., Ltd.
  • にっけんバンビーノさん
  • せかいくさん
  • 世界中のママの生の声が集まる情報サイトです